千葉駅美容室 D’cielオナギ 矯正毛(多毛さん)をTHROWカラーとカットで柔らかく見せる!!

Facebook にシェア
LINEで送る

どーもです。

本日は台風の影響なのかわかりませんが、

予約が乏しい、更にその乏しい予約からの

キャンセル。泣きたくなるのをこらえながらブログ

更新します。(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

そう言えば以前のブログに書かせて頂いた、刈り上げ

すぎちゃった刈り上げが要約伸びてきていい感じです。

☚ほら。

そんなこんなで、

本日も千葉市中央区中央千葉銀座通りから発信します!!!

矯正毛のカラーは暗くなりがち!?THROWカラーでお悩み解決編。

まずは本日のお客様の後ろ姿。

頭の上にはマリオ。いやっわたしです。笑

この通り矯正毛でカラーも赤みMAXな状態、

更に多毛さん。3か月ぶりの美容室みたいですね。

あまり髪の毛が削がれていなかったので、全体的に髪の毛の

厚みがでてしまい、スタイルにまとまりがない状態でした。

要望としては、髪の毛の赤みが気になるのと、(ただカラー

した時に暗くなるのが嫌!!)多分矯正されてる方で、カラー

したら暗くなってしまった経験のある方多いかと思います。

それと毛量をとってスッキリさせたい!

塗り塗り、、、

チョキチョキ、、

ざ~ざ~~~。

フィニッシュ!!

after

艶っ艶!!

そして何よりも柔らかい!雰囲気が!!

ちょっと解説します(”ω”)ノ

今回カラーはマットベージュというお色にさせて頂き

ました。先程も書きましたが、矯正毛は非常にカラー剤を

吸い込みやすく暗くなりかちなのです。赤みを消す為に

ブルー系のアッシュやマットを使用するのですが、カラー

剤の選定を間違えると暗くなります。(もちろん自分も経験済。)

暗くなってしまった場合美容師さんはこういいます。

『ちょっと経てば色がぬけてきて明るくなってきますから』

(勿論この言い分も発言済。笑)

そうじゃねーんだよ!!

今その明るさを求めているんだよ!!

って心の中で思ったお客様沢山いらっしゃるかと

思います。(´;ω;`)

なのでこのブログを書いてしまった以上このミス

はわたしはできなくなります。:;(∩´﹏`∩);:

頑張ります。

ですのでわたしは赤みを消しつつ明るさを保つ

カラー調合を発見しました。(お客様によっては数回に

分けてやらせていただくケースもあります)THROWカラーだから

出来るのかもしれません。

そして何より、

やはりこのコンビが凄いんです!!!

コンビが凄い記事はこちらを☆☚

こちらも☆

是非この記事をお読みになられた方は一度

お試しになられても良いと思いますよ(^^♪

では皆さまに幸あれ。

ご予約はこちらから

では~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です