シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉駅 美容室 サロンタイムを快適に✯ 3つのヘアバームを比較。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どーもです。

最近巷に溢れているヘアバーム。

聞きなれない単語ですが、なんか聞いた事ある!!って方が多いかと思います。

最近はどこの美容室に行っても必ずと言っていいほど置いてある商材の一つかと思います。うちのお店でも3種類のバームを取り扱っています。世の中にある全てのバームを使用した事がないので、何が一番良い!!というのは決められませんが、スタイリングした時の質感やどういった特徴があるのか少しばかり書いていこうと思います。

まず、

バームってなんだろ??

ざっくり簡単に言うと、天然油脂(※シア脂、ミツロウ、ホホバ種子油等)を成分に作られた

スタイリング剤のような物です。ドライヤー前に使うアウトバストリートメントとは違います。硬く固形なのも特徴。

(よく耳にする※シアバター(シア脂、シア脂油)はエモリエント成分。植物シアの種子から得られる脂肪。髪や肌に優れたコンディショニング効果を発揮し、みずみずしい潤いを与えます。)

そんな天然油脂がたっぷり詰まった3種類のヘアバームをご紹介していきたいと思います。

まずは、バームの先駆者的存在!?

ザ・プロダクト

青いラベルが目印のこの商品。中身はちょっと濃いめの黄色。

このプロダクトは、ヘアスタイリングはもちろん、髪・お肌・リップ等全身に潤いを与え保湿

できてしまうマルチアイテム!!

【成分】

オーガニック認証成分、全成分天然由来成分 シア脂、ミツロウ、トコフェロール、マンダリンオレンジ果皮油、アロエベラ液汁。

香りが柑橘系の爽やかな香りなのでリフレッシュ効果もあり。

初めは少量ずつつける事をお勧めします。指先に少量とり、手のひらで十分に伸ばしオイル状にしてから使います。どの位のまとまり、艶、WET感が出るのか試しながら使っていくとベスト。特に前髪につけすぎ注意!!!

全身使えるとは思うが個人的に身体にはオススメはしない。ベトつくので。

次は、、

N.ナチュラルバーム

大きなN.が目印。シンプルだけどこういうタイプのプロダクトは格好良いですね。

中身は白。

天然由来原料のみで作られた商品です。

【成分】

2種類のシアバター(シア脂・シア脂油)ホホバ種子油、ミツロウ、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、パルマローザ油、ビターオレンジ葉、トコフェロール

ザ・プロダクトに比べるとつけ心地は軽い感じです。

こちらも髪の毛のスタイリング剤として使う事をオススメします。

香りもプロダクト同様、柑橘系の爽やかな香り。リフレッシュ効果あり。

指先に少量とり、オイル状にしてから髪の毛につけて下さい。プロダクトに比べると軽めの

仕上がりになります。

パーマやコテアイロンでの仕上げ(動きのあるスタイリング)の時にご使用下さい。

ストレートヘアの艶だしや保湿にはオススメできません!!

因みにストレートヘアの艶だし、保湿にはN.ポリッシュオイルがオススメ。

スタイリング剤として、N.ポリッシュオイルと混ぜて使用するとまた違った質感が出せるので

良いです。

最後に、

ジェミールフラン メルティーバター

ピンクの可愛いらしいケースが目印。中身は白です。

この3種類の中ではダントツに使いやすいものかな〜。個人的には。

なぜかと言うと上の2種類は固形で硬さがあるのですが、このバームは柔らかく伸びが

良いので髪への馴染みも非常に良くサラッと使えてしまうんです。このメルティーバターだったらロングヘアの方でも全体の艶だしや収まりよくする手段として使えると思います。

もちろん動きのあるスタイルでも使えてしまうので万能タイプですね!

それと、、

何と言ってもこの商品の特徴は香りかな。

甘〜い。

甘〜い香り。

たまーに甘い香り苦手な方もいらっしゃるのですが、THE女子!!って感じの香りです。

簡単ではありますがこんな感じです。

どれもオススメなので一番合うものを探してみるのも楽しいですね♪

ではご参考までに。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。