シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉駅 美容室 サロンタイムを快適に。炭酸泉とマイクロバブルの違いは??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どーもです。

最近うちのサロンでもマイクロバブルを導入したんですが、非常にご好評頂いてます!!

よくお客様からある質問なのですが、『炭酸泉とマイクロバブルは何が違うの!?』

今日はこの質問に難しくない程度に解説していこうと思います。

まずは、

炭酸泉の効果は??

炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯の事です。お湯1ℓに炭酸ガス0.25g以上(250ppm)溶けた物が炭酸泉と定義されています。その中でも1000ppm以上の物を高濃度炭酸泉と言います。補足として高濃度炭酸はシュワシュワしたり、気泡が見えたりしません!! 見えるという事は、、、、炭酸ジュースを思い出してみて下さい。炭酸が抜けていますよね、、、、、。

効果としては毛穴に詰まってしまった皮脂をしっかり浮かせてくれる(毎日しっかりシャンプーしただけでは取れない汚れもあるんです)=頭皮の臭いが軽減。

髪の毛に付着した汚れ(スタイリング剤やオイル、シリコン等)をしっかり落とす事で髪の毛を素髪に戻し、カラーやパーマ、トリートメント等の施術のパフォーマンスをぐんとあげます。

またカラーリングやパーマ液、ストレート等を施術後の残留アルカリ。聞いた事ありませんか??『残留アルカリ』アルカリ剤や還元剤が髪に残っていると髪の毛は弱々しい状態にある為、出来ればカラー後一日はシャンプーは控えて下さいとか、優しくシャンプーして下さいねと言われるのはそういう事だったんですね〜。弱々しい髪の毛ゴシゴシ洗うと傷んでしまいますからね!カラーの褪色も早まりますし!トリートメントのもちも悪くなる!いい事ないです!(泣)

それと!!美容師さんの手荒れも炭酸泉によって解消!というのは頭皮や髪の毛同様に、カラーカップ洗ったり、ハケを洗ったり、営業中にその辺のタオル触ったりすると手にアルカリ剤が付着してしまうんですね。お肌が弱い方はそれだけでも皮膚が悲鳴をあげます。まぁ〜何をするにもゴム手つければ良いんですが、、、、、忙しいとなかなかそうもいかなくなってきますよね。そんな時に炭酸泉でじっくり3分位浸けて置くだけで全然違うんですね。

大体分かりましたか??

さー次は、

マイクロバブルとは??

高濃度酸素水(マイクロバブル)は普通の炭酸の2000分の1の大きさの気泡になります。

つまり先ほど説明した炭酸泉より細かいという事になります。

例えると、28階建てのビルが炭酸に対して、ピンポン球一個がマイクロバブル。だそうです。先ほど上記に示した事全てにおいてマイクロバブルの方が美容効果が高いように感じます。お客様の反応的にも。

絶対的に違うのはマイクロバブルを使用した後のカラーの発色とトリートメントの効果。はっきり言って全然違います。感動レベル。

カラーの発色というのは、特にカラー後の髪の毛の艶!!そして色味の出方が違う!!

マイクロバブル導入後の記事✯

トリートメントの効果はTOKIOユーザー様に、マイクロバブル+TOKIOを施術すると髪の毛の見た目(艶)、指通り(サラサラ)がマイクロバブルをやらない時と全然違う事に驚き!!そして私も驚き!(笑)

因みに私は毎朝出勤してからマイクロバブルを浴びています。年齢も年齢なので色んな意味で頭皮、髪の毛が楽しみで仕方がありませんね。なんて贅沢なんだと思うかも知れませんが、まぁ美容師の特権ですね!

ではまた。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。